原著論文

Masafumi Ogawa, Kazuhide Tsuneizumi, Tomoko Abe & Masafumi Nozawa, Testing immediate dosage compensation in Drosophila miranda via irradiation with heavy-ion beams, Genes and Genetic Systems, 2023; 98, 201-206. https://doi.org/10.1266/ggs.23-00100

野澤班 ショウジョウバエのX染色体に生じる遺伝子量補償の即時性に関する論文がGenes and Genetic Systems誌に発表されました。また、本論文の図が本号の表紙に採用されました。

Alvin Sanjaya, Taiki Kobayashi, Ryo Nishijima, Harue Shinoyama & Yusuke Kazama, Developmental differences between hermaphrodite and female-like flowers in a non-model horticultural plant Dianthus hybrida, Cytologia, 2023; 89, 265-272. https://doi.org/10.1508/cytologia.88.265

風間班 ナデシコの両生花の雌花と違いに関する論文を発表しました。

Ivan Psakhye, Ryotaro Kawasumi, Takuya Abe, Kouji Hirota & Dana Branzei, PCNA recruits cohesin loader Scc2 to ensure sister chromatid cohesion, Nature Structure and Molecular Biology, 2023; https://doi.org/10.1038/s41594-023-01064-x

阿部班 姉妹染色分体間接着の確立機構についての論文がNature Structure and Molecular Biology誌に掲載されました。

Taiki Kobayashi, Moe Kitoh, Shigeyuki Kawano, Yusuke Kazama. Treatment of Silene latifolia flower buds with peptides containing gynoecium-suppressing functions, Cytologia, 2023; 88, 89-89. https://doi.org/10.1508/cytologia.88.89

風間班 ヒロハノマンテマの花芽に対するGSFYペプチド処理の効果を撮影した電子顕微鏡像がCytologia誌の表紙を飾りました。

Jingjing Yue, Marc Krasovec, Yusuke Kazama, Xingtan Zhang, Wangyang Xie, Shencheng Zhang, Xiuming Xu, Baolin Kan, Ray Ming, Dmitry A. Filatov, The origin and evolution of sex chromosomes, revealed by sequencing of the Silene latifolia female genome, Current Biology, 2023; 33, 1–11, https://doi.org/10.1016/j.cub.2023.05.046

風間班 国際共同研究でヒロハノマンテマのゲノムを解読した成果がCurrent Biology誌に掲載されました。

Daiki Ikemoto, Tomoya Taniguchi, Kouji Hirota, Kiyoshi Nishikawa, Kan Okubo, Takuya Abe, Application of neural network‑based image analysis to detect sister chromatid cohesion defects, Scientific Reports, 2023; 13, 2133, https://doi.org/10.1038/s41598-023-28742-6

阿部班の機械学習を用いた染色体解析についての論文がScientific reports誌に掲載されました。

Ryo Nishijima, Alvin Sanjaya, Harue Shinoyama, Yusuke Kazama, Touch-Induced transcriptional changes in flower buds of a non-model horticultural plant Dianthus hybrida, Horticulturae, 2022; 8, 918, https://doi.org/10.3390/horticulturae8100918

風間班のナデシコの論文がHoriticulturae誌に掲載されました。

Yusuke Kazama, Moe Kitoh, Taiki Kobayashi, Kotaro Ishii, Marc Krasovec, Yasuo Yasui, Tomoko Abe, Shigeyuki Kawano, Dmitry A Filatov, A CLAVATA3-like gene acts as a gynoecium suppression function in White Campion, Molecular Biology and Evolution, 2022; msac195, https://doi.org/10.1093/molbev/msac195

風間班のヒロハノマンテマの性決定遺伝子に関する論文がMolecular Biology and Evolution誌に掲載されました。

総説その他

Masafumi Ogawa, Kazuhide Tsuneizumi, Tomoko Abe, Masafumi Nozawa. Effects of heavy-ion beam irradiation on non-model fruit fly, Drosophila miranda. RIKEN Accelerator Progress Report, 2023; 56, 200  https://www.nishina.riken.jp/researcher/APR/APR056/pdf/200.pdf

野澤班 小川雅文大学院生(当時)らの研究成果がRIKEN Accelerator Progress Reportに掲載されました。

Yusuke Kazama, Moe Kitoh, Taiki Kobayashi, K. Ishii, M. Krasovec, Y. Yasui, Tomoko Abe, Dmitry A. Filatov. Identification of a sex determining gene in a dioecious plant Silene latifolia. RIKEN Accelerator Progress Report, 2023; 56, S39  https://www.nishina.riken.jp/researcher/APR/APR056/pdf/S39.pdf

風間班 風間班員らの研究成果がRIKEN Accelerator Progress Reportに掲載されました。

阿部知子, 風間裕介, 平野智也「重イオンビームによる育種技術の開発」育種学研究, 2023; 論文ID: 23J13

風間班 風間班員が分担執筆した重イオンビーム育種技術に関する総説が育種学研究に掲載されました。 

Yusuke Kazama, Taiki Kobayashi, Dmitry A. Filatov. Evolution of sex-determination in dioecious plants: From active Y to X/A balance? BioEssays, https://doi.org/10.1002/bies.202300111

風間班 植物の性決定機構の進化に関する新説を発表

阿部拓也, 川澄遼太郎, 廣田耕志「DNA損傷と染色体異数化」放射線生物研究, 2023; 58, 110-127

阿部班 染色体異数化についての日本語総説が放射線生物学研究会の機関誌「放射線生物研究」に掲載されました。

Taiki Kobayashi, Moe Kitoh, Dmitry A. Filatov, Yusuke Kazama. Evolution of sex chromosomes and gynoecium suppression in plants, Cytologia, 2023; 88, 91-94, DOI: 10.1508/cytologia.88.91

風間班 ヒロハノマンテマの雌ずいの形成に関する総説がCytologia誌に掲載されました。

風間裕介, 畑下昌範, 木元久, 櫻井明彦「イオンビームを用いた微生物の品種改良」月刊アグリバイオ, 2022; 6, 29-33

風間班の和文総説がアグリバイオ 11月号に掲載されました。

受賞

2024年2月7日受賞

風間班 風間班員が第19回 福井県科学学術大賞 (福井県版ミニノーベル賞)を受賞 しました。

2024年1月4日受賞

風間班、野澤班 風間班の風間裕介班員と野澤班の加藤雄大さんが日本遺伝学会Best Papers賞を同時受賞しました。

2023年10月8日受賞

野澤班の佐藤伶圭さんがポスター賞を受賞しました。

2023年9月8日受賞

野澤班 領域代表の野澤が2023年度日本遺伝学会奨励賞を受賞しました。

2023年3月19日受賞

風間班 風間班員らの研究グループが日本育種学会賞を受賞しました。

2022年9月27日受賞

野澤班の小川雅文さんがポスター賞を受賞しました。